« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

社会復帰1年立ちました

8月でちょうど社会復帰1年になりました。

よく1年経ったと安心しています。

途中発熱などでハラハラさせてくれましたが、最近では発熱もなくなり

鼻が詰まっていると言う事もなくなりました。

先週定期検診に行ってきましたが、その前に耳鼻科の診察でもきれいですと言っていただき安心しました。

まだ血液検査の数値的には貧血があったりといろいろありますが、

これは治療の影響との因果関係は不明とのことでした。

懸念していた飛行機に乗れるか!と言う事も、耳鼻科の医師の判断ではこの状態なら耳の閉塞もないのではないかという結論でした。(こればっかりは乗ってみないとわからないですけれど。。。)

とりあえず、1年無事に過ごせた事に感謝です。

p.s.もう一つのブログを立ち上げました!と威勢よくここに書き込んだのですが、上手に運営できていなくてまだ反映されていない事がわかりました。

あまり詳しくなく、どこがどう?って状態なので、しばらくこちら1本になるかと思います。すみません<m(__)m>

先日グループネクサスから送っていただいた冊子の中にNkはDeVIC療法によって治療成績が改善されてきたと書いてありました。

また、再発・難治性へはSMILE療法がよい治療成績が出ているともありました。

夫が最初に発症した時はCHOP療法しかなかったのですから、医学は日々進歩していますね。

この病気と診断された方はやはり最初にネットで色々と検索すると思います。そんな方々に少しでも光が差し込むような情報もお届けできたらと思っています。

| | コメント (2)

手術

オリンピックで毎日寝不足ぎみですね。。。

夫が退院してから1年と1カ月がたちました。

3日に目の手術をしました。

初発時の放射線治療の後の後遺症として「白内障」があり得ると言われていましたが、その症状が4年くらい前から徐々に出ていました。

しかし、眼科医のまだ手術する段階ではないとの言葉でずっと不自由な目で過ごしていました。そしてやっと今年、退院して1年以上たった事やそろそろ手術をしてもいいのではないかと言う眼科医の判断で決断したようです。

1週間前が予定でしたが、色々な都合で急遽3日に実施されました。

手術といっても手術前の検査にとっても時間がかかる一方手術は15分くらいで終わってしまいました。

術後の経過も順調との事です。

術後、1週間ほどは十分注意が必要な時間なのに、夫はこの暑い中外出したがりましたが、汗が目に入ったり、思わず目をこすったりしては大変なので、心を鬼にして。。(笑)自宅に居る事にしています。

おまけに今年のGWくらいから左の掌に小さな突起物ができていて、段々大きくなってきました。時々破裂して出血したりしています。

ちょうど手術のために仕事をお休みしているのだからついでに皮膚科で診察する事にしました。

ネットで見ているとあまりよくない病気が出てきて不安が募りましたが、結局は血管拡張性肉芽腫との事で液体窒素で取っていくと言う治療になりました。

悪性ではなくて本当によかったと思います。

まだまだいろんな事がありますね。

今月は血液内科の診察もあります。

| | コメント (2)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »