« 治療④ | トップページ | 自宅療養① »

治療⑤

夫の身体には顕著な副作用が出ていました。

それでも、口内炎防止のため、海藻のようなどろっとしたものを凍らせた薬(かな?)を食事前に必ず1~2個口に入れていました。

想像もできないほどの辛さだったそうです。

そのおかげで口内炎は全くできなかったのは助かりました。

口内炎ができてしまうと食事をするどころか水さえも飲めなくなるそうです。

6月20日無事生着しました。

後は身体の回復を待つばかりでした。。。

ところがその頃、夫は40度以上の発熱を繰り返しました。約1週間以上続きなかなか原因の特定ができなくて本人もイライラしていました。

ようやく肺の中にカビが繁殖していると言う事がわかり、こちらの治療も始まりました。

免疫力が0になっていたので、通常では考えられないカビや細菌に感染してしまうのです。主治医から2週間徹底的にカビに対する治療をしますと言われ、本人の退院予定が大幅に遅れてしまったようです。

カビの感染ルートかもしれない長期に首につけていたSV装置が外されました。

外された後の傷跡はとても痛々しくて4か月に渡り夫の命を支えてくれた大切なものだったわけです。

変わりの点滴を腕からする事になり、腕は何回もの点滴の差し替えで傷だらけになりました。(毎回同じところからはできないので、少しずつ場所を変えて針を刺しました)

その頃、足にむくみが出てきました。

病気で細くなってしまった足でしたが、象のようになってしまいました。

移植を受けた人はたいていむくみが出るとの事で時間はかかるけれど元に戻りますからとの説明を受けました。

|

« 治療④ | トップページ | 自宅療養① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 治療④ | トップページ | 自宅療養① »