« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

初休日

保護観察処分を受けてから、初めての休日です。お天気もまぁまぁだったので、病気になって以来8ヶ月休んでいたゴルフの再開です。

体力がかなり落ちているのを心配していたようですが、自分の予想よりは「大丈夫だった!」らしく少し自信を取り戻したかな?と思います。

しかし久しぶりのゴルフはまったくダメみたいでした。_055

| | コメント (2)

1日経って・・・

昨日はホッとしたので、なんとなくフワフワした気持ちで過ごしていました。

そしたら、友人から・・・「執行猶予付きじゃなくて、保護観察付でしょ」とチェックが入り、そうでした、保護観察でした。1ヶ月に1回まだ病院だしね。

それでも、大好きなビールを約8ヶ月ぶりに解禁して少し酔っ払っていました。主治医も「徐々に普通の生活に慣らしていってくださいね。お酒もOKですよ」と言ってましたし・・・

しかし、夫の悪性リンパ腫の種類がかなり珍しいものだった事はうすうす皆さんわかってしまっていたと思うのですが、8ヶ月前には正直夫の今の姿を想像できなかったのです。ネガティブになってはいけないと思いながらも、頭は悪いほうへ想像を膨らまして、自分でもパンパンな精神状態だったんだと思います。よくここまで頑張りました。(自分で自分を褒めておきます)

先日友人達と会った時も、またみんなとこんなに笑って過ごせるようになってよかったと心から思いました。ほんとサンキュ!です。

| | コメント (1)

執行猶予付ですが・・・

とりあえず、治療は終わりました。鼻のファイバースコープもCTの結果もMRIの結果もPETの結果も鼻はもちろんのこと、他への腫瘍は見当たらないとの結論でした。

しかし、主治医から寛解という言葉は出ませんでした。「寛解ですか?」って聞いたら、「まぁそうですね」との事で、悪性リンパ腫の種類が種類だけにまだ言えないのかもしれません。

なので、しばらくは1ヶ月に1回の血液検査2ヶ月ごとのCT検査はあるので、手放しで「ばんざ~い!」って事にはならないですが、小さくばんざいくらいはOKではないかなぁと思っています。

いろいろとみなさんにはご心配をいただいたり、励ましていただいたりしましたが、ありがとうございました。

やっぱり安心しました(ホッ!)

| | コメント (4)

いよいよ

明日です。

| | コメント (0)

治療しなければ・・・

夫の病気が発覚して、インフォームドコンセントの際、夫が主治医に聞いた言葉を突然思い出してしまった。

「このまま治療しなければどうなりますか?」「進行度の早いタイプなのでなんとも言えません」

治療の結果発表まであと5日となった今日から、夫は落ちた体力と筋力をもどすべくトレーニングを始めた。いつも前向きで頭が下がる。

| | コメント (0)

耳下の痛み

いつからか、口が開けられない!耳の下が痛い!と夫は言っていた。血液内科も耳鼻科も「今回の病気とは関係ないですよ・・きっと」と言った。「もうこれ以上病院は嫌だよ!」と夫は言っていたが、今日歯医者に行ってきた。

顎関節症かと思っていたが、どうやらかみ合わせの問題。なにぃ!かみ合わせ!それって子供の頃にちゃんと治して置かなかったからじゃない。しかもこんなタイミングに出てこなくても良かったのに。夫にも大人になってからでも矯正できたんだよ。なんでしなかったの?と責めてみたところで今更どうしようもなく、今は仮のマウスピースをして、それで改善が見られたら、オーダーメイドのマウスピースを作ると言う。そう言えば夫の為に放射線のお面もオーダーメイドだったわ!なんて事を思い出してしまった。

以前母が自慢していた。「あなた達が健康なのは私がちゃんと食事を作ったりして健康管理をしていたからよ。感謝しなさい」と。

お正月にみんなで集まっているのに私達が行かなくて(病気の事は内緒で、夫がまだ治療中だったから)未だに行かないことに(まだ頭髪が生え揃っていないから)不満を抱えているらしい義母に、せめてかみ合わせの事をちょっと言ってやりたい気分(>_<)

| | コメント (2)

あと1週間

昨日は夫の○○回目のお誕生日でした。しかし、今年に限り家は来週まで延期です。

来週の今頃には夫の結果が出て「浮かれているのか」「沈んでいるのか」いずれにしてもどちらかの心境になっているんだと思います。

しかし、最近は私が精神的・体調的にあまり気分がすぐれず、仕事を変わる決心をしたものの、夫が病気になってからずっと支えてくれていた同僚達(これからは友人達になりますが)と離れることの不安はあります。夫の結果が良い方向に向かっていれば、大丈夫だけれど、逆の場合、新しい職場で新しい仕事となれない環境・そして夫の事を抱えて行くのはちょっと不安もあったりして・・・しかし、今の職場は移転してしまって通勤にはかなり負担もある。

おまけに最近の夫はあごの痛みと寝汗・そしてこれもかなり前から見られたんだけれども、あんなに痩せているのにお腹だけぽっこりしているのはなぜだろう?腹水が貯まっているのかなぁ?なんて不安な事が頭に浮かんできてしまう。2ヶ月前のCTの結果では腹水なし!って出ていたけれども今回はどうなっているのか?1週間後には結果が出てくるけど、それまでは「どピーカン・晴天・曇りなし!」って状態は難しいのだろうか?

よい結果が出たら、夫の仕事の環境も今と変わるらしく、すべては来週の木曜日の結果に託されているのでした。

| | コメント (1)

4年後

オリンピックが始まりました。なんだかんだといいながらもまだあまり人ごみには出たくないので、家でおとなしく観戦しています。

ジャンプの原田が残念ながら失格となって、「トリノが集大成と考えているわけじゃない」というような事を言っているインタビューを聞いていて、彼は4年後も狙っているのかなぁと思いました。4年後・・・去年の夏なら考えることもなかった先の事ですが、今は4年後も夫婦であーだ!こーだ!といいながらオリンピックを見ているのかなぁ?と漠然と想像している自分がいました。

願いはきっと叶うんだ!

| | コメント (0)

せいいっぱい

私がたまに聞いているアルバムの中に「せいいっぱい」という曲があります。歌っている人と作った人は違うので、私が聞いているアルバムはオリジナルではないようですが・・・

「せいいっぱい」ってすごくいい言葉だと思ったのです。「せいいっぱい」生きる・「せいいっぱい」楽しむ・「せいいっぱい」遊ぶ・「せいいっぱい」○○する・・・

去年夫は「せいいっぱい」ガンと闘いました。そして「せいいっぱい」生きることに執着しました。「せいいっぱい」泣きたい日もあったと思います。2人で「せいいっぱい」生活してきました。

でも、「せいいっぱい」頑張ったからって、もう十分ではないです。これからも「せいいっぱい」いろんな事にトライしていけるように「せいいっぱい」がん細胞と戦って行くつもりです。

| | コメント (3)

検査も終了です

治療終了後の検査も今日ですべて終わりました。明日って言われていた血液検査も今日のCT検査の前にやってくれたらしく、後は本当に結果待ちです。それまでに口が開かないだの、脚が痛いだの、耳の下が痛いだのと「エッ!」と気をもませる事がたくさんありますが、とりあえずは23日の結果発表までお預けです。結果が良好でも万が一悪くても、この先何年かは経過観察の身なわけで(いわば執行猶予中の感じでしょうか?)心配は尽きないんだと思いますが、こんな病気になってしまった訳ですからじっくりお付き合いしていくしかないんだろうなと思っています。

この先、夫の生命力が勝つか!病気が勝つか!戦いは続きます。

| | コメント (1)

ダルダルです

結果発表まであと20日もあります。検査もCTが来週に残っています。治療もなく病院に行くこともない幸な毎日が続いて、二人ともダルダル生活を送っています。

まだ、結果に対する不安とかも出て来ていないので、能天気夫婦で過ごしています。

| | コメント (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »