« 薬のおかげ | トップページ | 医療費と保険 »

がんばってね

夫の調子が今ひとつ。で「1週間もすれば味覚も戻ってくるし、頑張ってね」と言ったら「お前は経験したことが無いからそんなことがいえるんだ」と言われハッとした。以前マラソンランナーが走っている途中で観客から「頑張って!」と言われるのは嬉しいが、今でも頑張っているのにまだ頑張れというのか!とも思うと話していたことを思い出した。夫は十分頑張っている。十分頑張っている人にさらに「がんばってね!」はやはり酷な言い方だと思った。それと「頑張ってね」と声をかけている方は傍観者になってしまっているのである。これからは「頑張ろうね」「頑張ってるね」って声をかけていきたいと思った。

|

« 薬のおかげ | トップページ | 医療費と保険 »

コメント

私もこれからは「ちゃこりん!頑張ってね!」じゃなくて「ちゃこりん!お互いに人生色々あるけど頑張ろう!」だ!!!

投稿: ひかちゃん | 2005年10月23日 (日) 14時06分

オレも治療中何度も感じたことでした。
誰に指摘されたわけでもなく、そのことに深くハッキリと気付いたちゃこりんさんに拍手。

投稿: CAT | 2005年10月25日 (火) 11時56分

励ましのいい言葉だと 思えるのは傍観者のしるし?
我が身をも振り返ってしまいますね。
気付いたちゃこりんさんは ナイスです。
きっと今日はもうすでに ご主人の気持ちに届く会話が交わされているのでしょうね。
ちゃこりんさん!一緒にすすみましょうね。

投稿: ぶうアンドぽん | 2005年10月27日 (木) 21時06分

良かれと思って発した言葉が時に暴言になる事ってあるんですよね。CATさんも十分頑張っている途中で思われたんでしょうね。健康な者や、毎日なんとなぁく生活している私にはこんな事でもなければ気がつかなかった事だったと思います。相手のその時の感情にもよるのだと思いますが、言葉ってとても難しいですね。

投稿: ちゃこりん | 2005年10月28日 (金) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薬のおかげ | トップページ | 医療費と保険 »