« 一泊外泊 | トップページ | 防災の日 »

医療費

今まで医療費が高い!と思う病気をしたことがなくて、もちろん歯医者さんは「ひぇ~!」って程の請求があるときがあったけれど、まぁ歯医者さんはねぇ~かかるのよねぇって変な納得してたし、毎月払う健康保険料は家にはほとんど恩恵がないじゃないのと思っていたのだ。しかし、今回放射線で毎日私の一日のパート代をたった数秒の為に払うことになっても、検査に○万円払うことになっても「病気が治りさえすればいいし・・・」なんて思いながら、最近の大学病院は医療費までもカード払いが出来る便利さに大雑把に金額を把握していたつもりだったけれど・・・カード会社からの請求が来てびっくりした。3割負担でこの金額だから健康保険のおかげだよね。夫が病気になって「この病気は医療費がかかるよ」って聞いていたから、夏のボーナスをすべて夫の為に使おうと思っているけれど、生命保険のがん保険の一時金が出るから(多分ね)それも充当して、それでなんとかやっていけるかなって状態。ずっと病気しなかったから、生命保険の更新の時に「がん保険いる?とか掛け金高いからもう少し安いのにしない?とか入院保険なんて要らないんじゃない?」なんて話していたんだけど、結局入っておいて良かった。それにしても、がん保険の書類を出してから、保険会社からな~んにも言って来ないのはなぜ?「なんとか払わないですむ方法」を考えているから?

|

« 一泊外泊 | トップページ | 防災の日 »

コメント

高額療養費はご存知??
普通の社会保険(政府管掌の)だと72300円以上の金額は返ってきます。(実費分は除く)確か1年半か2年に遡って請求できます。同じ病院同じ病気でですが…。1年間に同じ保険証で4回目の請求からは自己負担額が42000円に下がります。
どうぞ調べてみてください。(ご存知でしたらごめんなさい)
傷病手当は?出勤できない日のお給料を社会保険で保証してくれます。だいたい6割くらい。本人、病院、会社の書く欄があります。
今まで、ただただ払ってきたのには意味があります。困っていた人を助けていたのです。今回は助けて頂きましょう。
民間の保険は私たちも一ヵ月半程待ちました。色々な審査が入りましたよ。まるで病気を予測して保険に入ったようなことを言われました。掛けなおして1年経っていなかったのが理由でしたが。

そうそう、高額療養費には貸付制度もあります。通常2~3ヶ月掛かるところ10日程でおります。どちらの方面でも負担を軽く!!じっとしていても誰も教えてくれません。戦いは長いのです。
長くなりました。

投稿: | 2005年9月 4日 (日) 21時53分

どーもです。先日はコメントありがとござんした。やっとこさ吐気にも開放されてきましたよー。
ところで、医療費ですが何かと大変です。かかる金額もそう。保険もそう。高額~もそう。オレはカミさん任せですが、何かと面倒くさそうです。ただコレばっかりはね。面倒でも敵が敵(?)でも、超大金持ちじゃない限り、しっかりやらんとね。ウチもさ。家買ったばっかりで、『もう、こんな高っけー保険いらんだろ』なんつって減額したばかりで、がん保険特約なんて、ちょーーーぴり。
ただ、日本の保険制度は最高です。この国は医療天国。よその国じゃあまりの医療費の高さに、悪性リンパ腫は治療しない人の方が多いと聞きます。
お互い今回は、キッチリこの国のいい面を利用して、少しでも負担を軽減しなくちゃね。

水曜日からのご主人の化学療法。無事スムーズに。大した副作用も出ず、最大の効果が出るよう祈っております。(私も(?)強烈な無神論者ですので、祈る対象は曖昧ですいません。)

投稿: CAT | 2005年9月 5日 (月) 03時04分

医療費本当に大変でした・・・
最初の地元の病院では外来は1か月分まとめて口座振替なので検査料等が引き落としになる前に隣県のがんセンターに夫と二人で今後の治療方針を相談しに初めて行った日、たしか4万くらいお財布に入っていたんですが電車代が二人往復、16000円、がんセンターで予定外にマルクの検査をされて(標本を持っていったのでないと思っていた)会計呼ばれたら2万数千円で、昼ごはん代が私の財布から出せなかった記憶があります。(汗!)
更に、うちはがっちり入院しっぱなしでリツキサン+抗がん剤4クールその後自家移植でしたから普段は50万前後、移植月は80万の請求でした。
ちゃこりんさんのご主人の健康保険もたぶん高額医療費は手続きをしなくとも数ヶ月後に自動還付なるのでは無いかと思いますが(夫の健保は食費を除き25000円以上の分が還付になったと思います。)ですから食費とあわせてだいたい5万位が実質の支払いなのですが、病欠への傷病手当も+2割?という還付金もあり合計八割?位の還付を受けれたのですがこれも申請から2ヶ月のプランクがあり、正直このブランク期間の支払い100万プラス給料0から子供3人の学費と生活費、家のローン・・ほんとうに頭クラクラ・・でした。
幸いがん保険があったので最終的にはマイナスにはなっていないのですがそのがん保険や生命保険も入院した実績に対する支払いなのではじめの2ヶ月は家中の預金(下二人の子供の大学用の学資やら・・)からの持ち出しでした。(苦笑)

13年前の初発の時は1割負担で子供も小さくかまどもこじんまりしていましたからあまり医療費で苦労した記憶が無いのですが、今回はびっくりでした。・・・復帰後も賞与査定期間にがっちり休職しているし、しばらく閑職で体を慣らしていたので直後の賞与は寸志程度、2回目も入院前の2/3程度で、長男の大学の半期分40万やら家のローンのボーナス払い分やら、まだまだ尾を引いています。

それでも今二人でお酒を飲みながら、生きてて良かったね・・としみじみ言えるありがたさです。ちゃこりんさんや風さんのご主人様、CATさん皆様の完解を応援しています。

投稿: ひまわり2 | 2005年9月 5日 (月) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99153/5783966

この記事へのトラックバック一覧です: 医療費:

« 一泊外泊 | トップページ | 防災の日 »