« 病院 | トップページ | 待つってつらいね »

大病院の不思議

今日の診察で耳鼻科と眼科は初診でした。耳鼻科は入院中に見てもらっていたのになぜ?と思っていたのですが、外来で初めてとの事で初診の受付をしました。すべての科が今の病気に関連しているのですが、初診のためか「今日はどうしました?」と必ず聞かれていたようでした。内科の主治医が書いてくださった紹介状は直接担当科にまわるらしいのですが、人間は別なようです。これって不思議!って思いました。診察や検査の予約も内科の主治医が行って下さるのですが、明日かかる消化器内科は非常に混んでいるとの事で、いちかばちか予約無しで明日朝から並ぼうと思っています。この病気は怪しいところや心配な事はすべてつぶしていった方がいいとの事でさまざまな診療科にかかることになってしまいました。きっと普段なら見逃してしまうような症状も検査の対象になり確実に白の結果が安心に繋がるんだとは思いました。

それから昨日主治医に診察の最後に「何かお困りの事はないですか?」と聞かれました。もちろんそれは夫の身体に関することを聞かれたのですが、私は思わず「困ってたら助けてくれるの?」と心の中で突っ込みを入れていました。

病気が判った最初は心に余裕が全くなく、「どうしよう」と思うことが多かったのですが、今は、「あっ!この人大丈夫かも・・・」と不思議な自信が心に芽生えています。

私のつたない文章をいつも読んでいただいているみなさん、本当にありがとうございます。夫ばかりでなく私の健康についても心配してくださる友人やネットでお知り合いになれた励ましをくださるみなさんに心からお礼を言いたいと思います。暖かく見守ってくださってありがとうございます。

|

« 病院 | トップページ | 待つってつらいね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99153/5500868

この記事へのトラックバック一覧です: 大病院の不思議:

« 病院 | トップページ | 待つってつらいね »