« 夏休み1 | トップページ | 悲しい出来事 »

長いね今年の夏は。

夫の病気がわかってから約2ヶ月半。正式に告知されてからも2ヶ月が経ちました。その間心の葛藤や周辺環境もいろいろとありました。「私に出来ることはすべてやってあげよう」と思う気持ちはもちろんあるものの、最近では「めんどくさい」と頭を掠めることもあります。夫が普通に生活しているので、病人がいる家庭の雰囲気ではないからかもしれません。しかし、毎日そんな気持ちが掠める自分を戒めて、笑顔で夫と接していく事が一番重要だと感じました。

病気がわかった最初の頃、「なんで夫が・・・」と落胆している毎日だったのですが、毎日耳に入ってくるニュースなどで、交通事故や不慮の事故、事件などに巻き込まれ朝出て行った人が帰って来ないという悲惨な話しを聞くたびに、夫と私にはどれくらいの時間が残っているのかは判らないけれども、後悔しない毎日を送っていかなければと思うようになりました。そして、夫の前向きさに救われました。夫の本心はわからないけれども、泣き言一つ言わない姿がすべてを物語っているように思います。

今日で夫の夏休みは終り明日からまた午前中だけ会社で午後通院の毎日が始まります。しかし、また2週間後には入院生活が待っているんだと思うと、落ち着かない夏はまだまだ続きます。

|

« 夏休み1 | トップページ | 悲しい出来事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99153/5573792

この記事へのトラックバック一覧です: 長いね今年の夏は。:

« 夏休み1 | トップページ | 悲しい出来事 »